LPIC取得方法の取得方法

IT専門職の方には、取得しておくと有利な資格が様々あります。たくさんの知識や技術力を持っている方も、やはり客観的にスキルが判断出来る資格を取得していると、有利に働くケースが多いです。特に、転職を考えている方や転身を考えている方の場合には、資格を持っていると、より有利な転職や転身を叶えることが出来るでしょう。

ここで、エンジニアから人気のLPICの取得方法についてご紹介しましょう。インフラエンジニアの資格となっているLPICは、全国各地で試験が開催されています。そのため、「試験を受けたい」と考えている方は、お住まいの地域の試験実施日や会場などをチェックしていくことが必要となります。そして、LPICの資格はレベル1からレベル3まであり、それぞれのスキルに合わせて受験することが出来ます。試験費用は、レベル1とレベル2に関しては15,000円。レベル3は、30,000円となっています。当日の試験は、それぞれ90分となっており、各守スクールで受けることが出来ます。LPICの試験は、キーボード入力式となっており、多肢選択式の試験となっています。「LPICを受ける際には、事前に学校などで学んだ方が良いだろうか?」と思われる方もいると思いますが、スクールで学ぶのも良いですし、教材購入し独学で学んでいくのも良いでしょう。仕事が忙しい方は、マイペースで学べる独学での勉強の方が向いているかもしれませんね。その際には、ある程度の試験日などは想定しておいた方が、勉強も進めやすくなりますよ。

このように、インフラエンジニアとして活躍する上で有利となるLPICは、全国各地で試験を受けることが出来ます。スキルアップを考えている方も、転職を考えている方も、LPICを取得して自分のスキルを今一度見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です