シスコ技術者認定の取得方法

インフラエンジニアとして活躍している方は、様々な知識を身に付けていると思います。IT技術者の中でもインフラエンジニアの仕事は仕事範囲が幅広いため、多くの知識を身に付けスキルアップを目指している方もいるでしょう。その中で「シスコ技術者認定を受けたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

ここで、シスコ技術者認定の取得方法についてご紹介しましょう。まず、シスコ技術者認定の受験は、月曜から土曜日の間であれば毎日実施されている試験となります。そのため、「試験日に合わせて勉強をしなければ」といったことはなく、それぞれの仕事やスケジュールに合わせて受験をすることが出来ます。試験費用は、16,000円程度かかり、その時の為替などによって変わることがあります。当日の試験時間は、1時間から2時間程度かかることになりますから、当日はその後の予定などを考えておく必要があるでしょう。また、シスコ技術者認定の資格は、一度取得すればそのまま資格継続が出来るわけではありませんので注意が必要です。シスコ技術者認定は、2年、3年といった有効期限があり、資格内容によって有効期限も変わってきます。ということは、常に学んでいかなければ資格取得を維持しておくことは難しいということになります。

このように、インフラエンジニアの方におすすめのシスコ技術者認定は自分のスキルを証明する上で非常に有利となる資格ですが、注意ポイントなども抑えておきましょう。まずは、どのレベルの資格受験をするのか、いつぐらいを目途に受験するのかを考えてスケジュールを組んでいくと良いですよ。ほぼ毎日試験実施がされていますから、仕事が忙しい方でも受験しやすい資格といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です